手話検定インストラクタは、大まかに「ネット講義」「修了試験」「シラバス作成&スクーリング講習」の3部構成でできています。
ネット受講から順に受講・受験し、スクーリングの後に最終シラバスを提出、合格すると手話検定インストラクタ認定となります。

■講座受講・スクーリングの期限

講座開始から修了試験まで:1年間
※ただし修了試験試験が不合格だった場合、再受験して合格するまで半年延長となります。

修了試験合格からシラバス指導・スクーリングの受講、最終シラバスを提出するまで:1年間
※ただし最終シラバスの提出1回目が不合格だった場合、再提出(何度でも可)して合格するまで半年延長となります。

それぞれで1年ずつ、最大で2年間まで可能です。(再受験・シラバス再提出した方は最大で3年)




BACK