試験について
受験資格について
年齢制限はありますか?
 年齢制限はありません。手話技能検定は手話を勉強している方ならどなたでも受けられます。ただし試験内容に関しては児童・学生用などの区別はございません。大人も子供も統一の試験を受ける事になります。基本的には4級以上になりますと、手話の技能もですが日本語の能力(語彙や文章の読解など)が小学校4年生程度必要になります。ご了承ください。
ろう者は受験できますか?
 試験では一切の音声指示がありませんので、聴覚障害者の方でも受験する事ができます。また、会場内では文字による案内を行っておりますので、手話通訳・要約筆記は手配いたしません。
しょうがい者は受験できますか?
 しょうがいの内容にもよりますが、可能な範囲で受験できるよう手配させていただきます。詳細はこちらをご覧ください。
7級から順番に受験しないといけないんですか?
 ご受験いただく級については、特に下から順に受けていくといった決まりはございませんので、ご自分のレベルに合わせてお好きな級をご受験ください。2級以上はそのすぐ下の級(2級なら準2級、準1級なら2級、1級なら準1級)に合格していないと受験できません。
申込方法について
試験を受けたいのですが、どうやって申し込むのですか?
 試験の申込はネットと郵送の2種類があります。郵送をご希望の際は、募集要項をメールフォームを使ってお取り寄せください。メール便・郵便にてお送りいたします。お取り寄せいただくのに料金はかかりません。
 また、7級・1級・2級については郵送申込のみとなっております。メールフォームを使って募集要項をお取り寄せください。
申込用紙をFAXで送ってもいいでしょうか?
 申し訳ありませんが、FAXでのお申し込みは行っておりません。お申込の際はネット申込かメールフォームを使って募集要項をお取り寄せください。
検定料はどうやって支払うのですか?
 指定の郵便振替口座または銀行口座にお振り込みください。口座は募集要項、またはネット申込の場合は受付確認メールに記載されています。
1つの封筒に何人分も入れて申し込みをしてもかまわないでしょうか。
 同一の封筒で複数の受験者のお申し込みをする事は可能です。ただし受理する際に個人個人として処理いたしますので、必ずしも同一会場・同一教室になるとは限りません。会場はお住まいの郵便番号によって振り分けられます。
一度に2つ以上の級を受けたいのですが。
 可能です。検定級は6級から順に時間ごとに受験できますので2つ以上の級を検定する事ができます。ただし同時間帯に行っている級もありますので、その場合は重複受験できません。申し込み用紙に受験したい級全てに丸をつけ、検定料の合計金額をお支払いください。
グループで受験することはできますか?
 人数や所属団体によって条件は異なりますが、「グループ申込」「特別会場認定」「集団受験」などがあります。1番少ない人数では5名以上で年2回の試験時に同会場で受験できる「グループ申込」があります。申込方法や受験票・結果通知の送付方法が一般(個人)と異なりますのでご注意ください。また、グループ受験でも会場が分けられる場合もございますのでご了承ください。
友達と同じ会場にしてもらえますか?
 申し訳ありませんが同一会場希望は受け付けておりません。
申込をした後で、当日受験できなくなった時は?
 一度申込が完了(申込・入金済み)されますと、理由のいかんに関わらずキャンセルはできません。また、次回への振替もできません。当日は欠席扱いになります。
申込をした後で、受験会場エリアを変更できますか?
 試験の2週間前くらいまでであれば、変更は可能です。ただし、札幌で6級など、その会場エリアで実施しない級を受験することはできません。また、東京会場など複数会場をもつエリア内での会場変更はできません。原則としてお住まいの住所になるべく近い会場を振り分けしていますが、遠方から来る受験者を優先して主要駅に近い会場に振り分けています。その結果、ご住所から最寄りの会場にならない場合もございますが、ご了承ください。
申込方法について(ネット申込)
ネットで申込をしたのに、申込確認メールが届きません。
 申込確認メールがお手元に届かない場合、主な原因としては以下の2点が考えられます。

1.メールアドレスの記入間違い
2.メールソフトや携帯での迷惑メール対策

申込確認メールは自動で送信されており、通常は数秒〜数時間で到着します。申込から1日経っても確認メールが届かない場合はお問い合わせください。
2の場合、お問い合わせをメールでいただくとそのメールに対するお返事も同様に迷惑メール対策で未着になる可能性があります。メールでお問い合せいただく際は事前に当協会のメールアドレスの受信許可の設定を行ってからお願いいたします。
※なおメールソフトや携帯電話の受信許可の設定については、当協会ではお答えできません。各メーカーにお問い合わせください。
申込確認メールを間違えて削除してしまい、受験料の振込先がわかりません。
 申込確認メールの内容を再度お送りいたします。お名前・ご住所・受験会場エリア・級をメールにてご連絡ください。
受験料振込をする際に、振込人名義に受付番号を入れるのを忘れました。
 受付番号の記入忘れについてのご連絡は特に必要ありません。受付番号がなくても、お名前のフリガナで一致する場合は、そのまま確認いたします。ただし、同名の方がいる場合は振込日・振込の手続きを行った銀行名・支店名などを確認させていただく場合がございますのでご了承ください。
受験料振込をする際に、他人(家族・会社など)の振込人名義で振込してしまいました。
 お申込者と異なる氏名で振込された場合は、直ちに振込人名義・振込日・振込の手続きを行った銀行名・支店名をご連絡ください。入金が確認できませんと、お申込が完了できません。
試験内容について
試験で使用される手話は何ですか?
 実際の試験ではいわゆる「日本語対応手話」「日本手話」のどちらの手話も問題として出てきます。現状を考えると、どちらの手話も使われているのでその両方を話せるようになる事を考えています。また、手話の表現については地方表現なども含めて表現されている場合もございます。地方表現は東京(関東)のみとは限りません。
試験範囲は決まっているのですか?
 各級ごとに出題される手話の単語と例文の数が決まっています。詳細を確認したい場合は試験範囲集をダウンロードしてください。
試験問題は1回しか映像が流れないんですか?
 試験問題の映像は2回流れます。ただし、3級以上の長文問題において手話での質問文については1度きりしか流れません。
実技試験で面接員の手話が読み取れなかった時に、質問してもいいのでしょうか?
 面接員の手話が読み取れなかった場合は、「もう1回お願いします」と言えば、2回まで最初から質問を繰り返してくれます。ただし、表現のスピードを遅くしたり、特定の読めなかった単語の意味を尋ねることはできません。また、繰り返しをお願いしたことにより、評価が下がる可能性はありますのでご注意ください。
試験結果通知・配点について
試験は何点以上が合格ですか?
 準1・準2・3〜7級(筆記試験)については80点以上が合格です。
 2級(実技試験)65点以上が合格です。
試験の配点は何点ですか?
 7級については1問各2点で全50問です。3〜6級については出題は全50問ですが一律に1問2点という配点ではありません。問題の難易度によって配点は異なっています。準2級・準1級は記述式試験が含まれておりますので採点方式が異なります。1級・2級についても実技ですので同様です。
 また、各配点につきましては公開しておりませんのでご質問いただいてもお答えできません。
結果通知をなくしてしまいました。再発行はできますか?
 結果通知の再発行は有償で行います。1通492円です。お申込いただく際は、こちらをご覧ください。
合格証明書について
合格証明書を発行してほしいのですが。
 合格証明書の発行は1件につき492円分の切手で発行いたします。任意の用紙に受験時のお名前・ご住所・お電話番号と合格級、認証番号を記載し、492円分の切手を同封して手話技能検定協会 合格証明書発行係にお送りください。認証番号がないと、合格証明書の発行は出来ません。認証番号が不明の場合は、結果通知の再発行を同時に申込してください。(結果通知再発行492円が別途かかります)
 合格証明書の発行には通常2〜3週間いただいておりますので、お急ぎの方はお早めにお申し込みください。
賞状やカードはもらえるのですか?
 賞状およびカードは有償で発行しております。合格者には申込のご案内を同封しております。また、ネットからお申込いただくことも可能です。詳細はこちらをご覧ください。
賞状やカードを申し込むのに認証番号がわからないんですが。
 認証番号は結果通知に記載されている7ケタの数字です。結果通知を紛失された場合は再発行を行ってください。
 認証番号のみを電話やメール、FAXなどでお教えすることはできません。
結婚したので名字が変わるのですが、新しい名前で合格証カードや賞状は発行してもらえますか?
 大変申し訳ありませんが、カードや賞状、合格証明書等のお名前は受験時のものになります。改姓・改名には応じられませんのでご了承ください。
合格証カードや賞状を何枚も申し込んでもいいでしょうか?
 1回のお申込で複数級のお申込、あるいは同じ級でも複数枚のお申込をいただくことは可能です。1枚につき620円です。
合格証カードや賞状をまとめて1ヶ所に送ってもらうことはできますか?
 可能です。たとえば学校様などでお申込いただく際は、申込書をまとめて同封いただき、送付先の住所氏名を別途メモ用紙などで添付してください。またメモには「一括の送付を希望」と一文添えてください。

戻る