手話技能検定について
履歴書には何級からかけますか?
 検定はその人の技能(スキル)を表すものですから、履歴書には7級からでも書いていただけます。ただし、現在の時点では英検やTOEFLのように合格している事で何らかの免除をされる事は現在のところありません。実際には7級は指文字が読める、というレベルですので「自分は手話ができる」という意味で履歴書に書く、というのであれば4級くらいからの実力になると思います。
検定を合格すると就職に有利ですか?
 手話技能検定は就職(職業)のための資格ではありませんから、合格=就職というわけではありません。しかし、現在ホテルやデパート、航空会社などのサービス業や、ヘルパー、介護などの福祉関係などでは手話を使ってのサービスを始めている企業もあります。そうした企業での就職に、手話ができることをアピールすることはできると思います。
手話技能検定試験に合格すれば、手話通訳士になれますか?
 手話技能検定と手話通訳士試験(手話通訳技能認定試験)は主催する団体も違い、試験内容についても異なるため、当検定に合格すれば通訳士になれる、というわけではありません。あくまで自分の手話のレベルを測る上での参考にしてください。
手話技能検定試験の英語名はなんですか?
Sign Language Proficiency Test が英語名です。何級、を書く時は Level_(例:5級ならば Level 5)と表記します。

戻る